10万円 借入れ

10万円借入れた場合の使いみち

10万円借入れで何に使いますか?

 

10万円を借入れた場合の使いみち

 

 

クレジットカードなどのカードローンは、
借入れ限度額が10万円ほどから始まる場合が多いようです。

 

始まる、というのは、借入額に応じて、
変動してくことがあるためで、10万円を超える借入れも
審査などの手続きを踏めば可能になっていきます。

 

 

また、クレジットカードであれば、
自動で限度額がスライドアップになることがあります。

 

銀行カードローン、消費者金融系は、
この限りではなく契約内容次第では、
より高額の借入れが可能です。

 

 

 

カードローンで必要な金額が、たとえば10万円などの
比較的まとまった金額である場合のことを考えてみましょう。

 

新規で使用するには問題ありませんが、
限度額を超える場合もありますので確認しましょう。

 

 

そして、返済の計画をしっかりと意識することが大切です。

 

毎日銀行口座のように目にしているわけではないので、
金額を忘れて、いつのまにか返済が難しい金額にまで
膨れていたという人も少なくないようです。

 

 

 

私が経験したところでは、10万円を祝儀や出産祝いなどに
充てるためにクレジットカードでカードローンを使用しました。

 

その後、ボーナス月で返済が難しくなかったので、
残すことはありませんでしたが、

 

人によっては、10万円をきっちり翌月に返済できず、
分割にしたり、滞納したりしてしまうことがあり、
そうなると金融事故の引き金となってしまいます。

 

 

そのため、返済額を意識することと、
使用しない分は、早めに返してしまうことが、
管理の上でのポイントとなるでしょう。

 

 

私は、使用していない金額の3万円は、
即座にATMで返済し、
後の金額は翌月に無理なく返済しました。

 

簡単に手続きが完了してしまう簡易さゆえ、
最初は驚いてしまったものです。

 

だって、10万円が一度に手に入ってしまうのですから。

 

そういった手軽さにどうしても手が伸びてしまいますが、
管理に自身のある人にのみ、おすすめしますよ。

10万円借入れた場合の使いみち関連ページ

1万円借入れ
1万円借入れた場合の使いみち
5万円借入れ
5万円借入れた場合の使いみち

 

ページトップへ戻る