1万円 借入れ

1万円借入れた場合の使いみち

1万円借入れで何に使いますか?

 

1万円を借入れた場合の使いみち

 

 

カード―ローンと聞くと、どうしてもすぐには返済できないような
高額の借入れをイメージする方もいるかもしれません。

 

しかし、カード―ローンは少額でも可能なところがひとつの特徴で、
借りやすさが最大のウリなのです。

 

 

利用者の多くが、実はそこまで多額の借入れをしていません。

 

少額借入れを重ね、いつのまにか多くなってしまった
というケースが多いと聞きます。

 

返済のしやすい、1万円の借入れでも、
カードローン利用できます。

 

 

 

こうしたことがないでしょうか?

 

生活費を毎月きちんと管理しているけれど、
どうしても今月は生活費が少々厳しい…
というとき、ありませんか?

 

たとえば人と会う機会を減らしたりして
調整する人もいるでしょうけれども、
お付き合いですとそうはいかない場合があります。

 

そういったときに、ランチ代、お茶代などの
比較的少額の手持ちがあれば安心、
ということがありますよね。

 

 

 

私も経験があるのですが、

 

友人と会う時に、万が一不足しないように、
1万円を補充したことがあります。

 

銀行でお金をおろしに行くよりも、時間がなくて近い場所に
クレジットカードのATMがあったことから利用しました。

 

 

もちろん、使用していない金額は財布の中に残さず、
すぐに返済しました。

 

これくらいの金額ですと、「万が一」というときの
安心材料になってくれるんです。

 

 

こうした使い方は、友人にもしている人がいました。

 

そのため、繰り返してしまう癖をつけなければ、
カードローンはお手軽で便利な、
生活サポート手段といえるでしょう。

 

 

 

ただし、返済は、余ったらすぐにしてしまうことが大切ですよ。

 

現金であとあと支払う金額を残さないことが、
金額が溜まってしまわないためのひとつのポイントです。

 

 

少額ならば、返済には無理はないはずです。

 

手持ちがあると使ってしまうことがあるので、
借りた金額を少しでも早く返してしまいましょう。

1万円借入れた場合の使いみち関連ページ

5万円借入れ
5万円借入れた場合の使いみち
10万円借入れ
10万円借入れた場合の使いみち

 

ページトップへ戻る