カードローン 借りれない

カードローン借りれない場合を考える!

カードローン借りられない場合の解決方法

 

カードローン借りられない状況!

 

 

カードローンは、手軽でスピーディな手続きが
定評の金融商品です。

 

当然、お金に関することですので、
収入などの審査を通った人のみが
借入れ可能になります。

 

 

 

つまり、借りれる人には条件があるのです。
では、借りれない人とはどういった人なのでしょうか?

 

 

 

ひとつは、消費者金融などから、
複数の借入れがある人などは、審査が通らない、

 

つまりカードローンでお金を借りることができない
制約があります。

 

額が少なくても、複数から借りている人もいれば、
複数の借入れではないけれど金額が大きい人など、
その様態はさまざまです。

 

 

 

また、借りれない人の特徴としては、
滞納をしてしまいやすい人です。

 

たとえば、クレジットカードの利用額を
返済月に引き落としできず、
あとから督促が行く人などです。

 

お金がないわけではないけれども、
引き落とし口座にお金を移し忘れて、
引き落としが叶わなかった人。

 

 

 

これ、実はけっこう多いそうなんです。
私も経験がありますが、
「うっかり」が招いてしまうケースです。

 

この滞納が3か月以上続いた場合
(場合によっては一度滞納でも対象になる機関もあるそうです)、
ブラックリストに載ってしまいます。

 

そうなると、金融についての信用がなくなると判断され、
審査は通りません。

 

 

 

また、債務整理中の人やブラックリストに載った経験がある人も
注意しましょう。

 

こうした金融情報は、5年間は残るもので、
自分では滞納したのも結構前のように感じていても、
記録は残っているものです。

 

 

 

お金を借りるには、まず借金がないこと、

 

そして、借金を繰り返してしまうリスクのないことが
条件となってきますので、
きれいにしておくことが重要なのが分かりますね。

カードローン借りれない場合を考える!関連ページ

通らない
カードローン通らない場合を考える!

 

ページトップへ戻る