妻(奥さん) 借入れ

妻(奥さん)のカードローン利用事情

妻(奥さん)の借入れ

 

奥さんのカードローンの利用について

 

 

女性は、(一部規制がありますが)仕事をしていれば、
ほぼ縛りなくカードローンを組めてしまいます。

 

 

これは私の経験談ですが、

 

都内で仕事をしていると、友人付き合いもそこそこ多いですし、
会社で周囲が流行の毎日のお洋服やバッグをもっていれば、
自然と目が行ってしまうのもやむをえません。

 

周囲に合わせるわけではないですが、
ほどほどに自分も綺麗な洋服を揃え、
小奇麗にしていました。

 

ちょっと奮発してでも、「季節の流行が欲しい!」とか、
「化粧品がもうすぐ足りなくなる…けどお金が足りなくて揃えられない」
といった若いが故の願望があるのは、ごく普通のこと。

 

 

 

そんなときに少額融資の手軽さを私は知りました。

 

さらに、20代も後半になれば、
友人の結婚式なども毎月数回あるようなときもあり、

 

そのときは生活費を苦しめるわけにはいかず、
クレジットカードで融資を受けたことがあります。

 

翌月も厳しい状況が続けば、リボルビングとして
負担を減らすことができるので、大変便利でした。

 

 

 

いま、私は妻となり、仕事をしているときの
そうしたカードローンを精算しました。

 

大きなブランドものなどの購入ではなく、
その時に必要なものを小出しに使っていたので、
幸い額はそこまで大きいものではありませんでした。

 

 

でも、簡単に手続きができてしまうので、
ついつい役に立つものだと思ってしまい、
万一のためには今後も利用するかもしれません。

 

今後の生活でも、家族になれば一人よりも
お金がかかるのは必至ですよね。

 

 

 

ある友人に、結婚後ストレス発散のために
物を買ってしまう癖のついてしまった女性がいますが、

 

そうなってしまうと、
根本的なストレスの解消にはならないので、
私はそうした使い方はしません。

 

 

 

急な冠婚葬祭や、前触れもなく故障して
家具や家電が必要になった際に、

 

できるだけ生活費を圧迫しないように、
またカードローンの力を借りることもあるでしょう。

 

 

ただし、生活費を握っている妻だからこそ、
やりくりも必要ですので、借りるだけではなく、

 

返すことも、独身時代よりもいっそう意識しなければなりませんね。

 

 


街角法律相談所無料シュミレーター

 

 

妻(奥さん)のカードローン利用事情関連ページ

夫(旦那さん)の利用事情
夫(旦那さん)のカードローン利用事情
子ども(学生)の利用状況
子ども(学生)のカードローン利用事情

 

ページトップへ戻る